たいぎさんかくしょうじ(だてごびょう)|宮城県

大義山覚照寺(伊達御廟)

概要

寛文6年(1666年)伊達政宗公の孫、宗房公が生母のために創立。はじめは慶雲院と称していたものをその子吉村が覚照寺と改称した。境内には、宮床伊達氏累代の墓があり、伊達御廟として親しまれている。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 宮城県松島・塩釜
住所 宮城県黒川郡大和町宮床字大椚69
電話番号 【問合せ】TEL:022-346-2049 ; URL:http://www.town.taiwa.miyagi.jp
付帯設備 【その他】駐車場 *普通車5台
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

大義山覚照寺(伊達御廟)へのアクセス

地下鉄八乙女駅から車で40分
東北自動車道大和ICから車で20分

PAGE TOP