おうまたけのこ|福岡県

合馬タケノコ

全国でも有数の規模を持つ自然豊かな竹林で育つたけのこ

概要

北九州市の竹林は約1400ヘクタールにわたり、市町村単位では全国トップクラスの面積を誇る。豊かな自然の中でおいしいタケノコが栽培されているが、中でも合馬(おうま)地区は、良質な赤褐色の粘土質土壌で土層も深く良質なタケノコが採れることで有名だ。孟宗竹(モウソウチク)の竹林に、上質な粘土質の赤土を敷き詰める客土と、油粕などの有機肥料を使うなど手間を惜しまず育成することで、アクが少なくやわらかなたけのこが育つ。地元はもとより関西方面など各地に春の味覚として出荷されている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 福岡県北九州・門司・小倉
3月 4月 5月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP