おおいたけんのくるまえび|大分県

大分県の車エビ

甘く、プリッとした食感が堪らない様々な料理で味わえる高級海老

概要

日本では伊勢海老と並び高級海老の主格として扱われる車えび。その為、海老類の中では最も早く養殖技術が確立され、1965年頃からは養殖も盛んに行われるようになった。また漁も盛んで大分県内では、宇佐市、姫島村、杵築市で漁獲される。旬は7月~12月で、生きたまま殻をむき、そのまま刺身として食べる「おどり食い」をはじめ、天麩羅、塩焼き、酒蒸しなどで楽しめる。車えびは、甘みを感じさせるアミノ酸が海老類の中で一番多く、新鮮な物ほどとても甘く、プリッとした食感も格別。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 大分県別府国東半島・中津・宇佐日田・天ヶ瀬九重・竹田・豊後大野湯布院大分市・佐伯・臼杵
7月 8月 9月 10月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP