おおいたこうげんしろねぎ|大分県

大分高原白ねぎ

白と緑のコントラストが美しい甘みたっぷりの高原生まれのねぎ

概要

九州最大の白ねぎの生産地として知られている大分県。白ねぎは暑さに弱く、夏場の生産は難しいことから、涼しい季節は平野エリア、暑い夏場は高原エリアで栽培が行われるようになった。そうして誕生したのが、白さが目にまぶしい「大分高原白ねぎ」だ。特に玖珠・九重などの高地では、朝晩の気温差がねぎに適度なストレスを与えることで、驚くほどの糖度が引き出され、その甘さはスイカ並というから驚きだ。芯まで詰まった身のシャキシャキした食感とともに、大分自慢の味を楽しみたい。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 大分県別府国東半島・中津・宇佐日田・天ヶ瀬九重・竹田・豊後大野湯布院大分市・佐伯・臼杵
8月 9月 10月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP