くろめ<かいそう>|大分県

くろめ<海藻>

コンブやワカメと同じような食べ方をする大分特産の海藻

概要

佐賀関の関崎・高島のあたりは、ちょうど瀬戸内海の水と太平洋の水が接し、潮流が速く水質がきれいなため、食べて美味い「くろめ」が育つ。新芽の伸びる冬にとるとやわらかで渋味がなく美味いので、1月~3月に箱眼鏡と長い根のついた鎌を使って収穫する。採ったらすぐに1本1本棒状に巻かれる。くろめ巻きを生のまま細かく刻むと、粘りと風味が出て美味くなる。これを、おわんに入れて熱い汁を注げば、磯の香りのする味噌汁や吸い物になる。醤油・ごまなどで味つけして熱いご飯にかけるのもいいし、もずく風に酢醤油で食べるのもいい。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 大分県大分市・佐伯・臼杵
1月 2月 3月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP