もみじ<とりのあし>|大分県

モミジ<鳥の足>

コリッとした軟骨の食感が絶妙な大分県日田市の郷土料理

概要

もみじとは鶏の足のガラ部分のこと。その楓の葉に似た形状からそう呼ばれる。主に中華料理や西洋料理、ラーメン等の出汁を取るのに使われ、中華料理では「鳳爪」と称して、揚げて煮込み、皮と軟骨を食べる料理にも加工される。日本では大分県日田市周辺の郷土料理となっている。鶏の脚と足の部分を甘辛く煮た料理で、コラーゲンが豊富。コリッとした軟骨の食感が通好みの絶妙な旨味を醸し出す。地元では酒の肴としても人気のある逸品。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 大分県日田・天ヶ瀬
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP