たいらぎ|佐賀県

たいらぎ<貝類>

ほのかな甘味に、奥行きのある香り、抜群の歯応えが人気の高級貝

概要

ハボウキガイ科で、平貝(たいらがい)とも言われるたいらぎ、有明海の最重要種で、冬の朝太良町の漁港から船が一斉に出る光景は冬の風物詩ともなっていたが、近年は資源が激減している。日本では有明海と瀬戸内海が主な漁場となっている。大型の二枚貝でとがった方を下にして海底に立っており、漁獲サイズは15cm程度、最大で30cmを越えるものも。ほのかな甘味に、奥行きのある香りを漂わせ、帆立貝の貝柱よりも歯ごたえがあるのが特徴。ビラ(外套膜)もぽん酢で食べたり、吸い物等にするが、貝柱よりおいしいという人も多い。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 佐賀県嬉野・武雄・伊万里
1月 2月 3月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP