ちたけそば|栃木県

ちたけそば

栃木県全域で人気の高い乳茸(ちたけ)そば

概要

「ちたけ(乳茸)」の名称は、ちたけを裂くと乳白色の汁が出ることに由来する。梅雨明け頃、農作業で山や畑に行くと雑木林の中にちたけが自生しており、味と香りがとても良かったことから、麺類のだしとして使われるようになった。ちたけとナスを炒め、だし汁を加えてしょうゆ、みりんなどで味を調えたちたけ汁を、そばにかけて食す郷土料理である。現在でも旬となる夏には地元の人たちがこぞってちたけを採りに山林に分け入るほど人気の食材である。県内のうどん屋やそば屋などでもメニューに取り入れている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 栃木県佐野・足利宇都宮日光・鬼怒川那須・塩原益子・真岡小山・栃木市那須烏山・那珂川
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP