つるのこいの|熊本県

鶴の子芋(小芋)

希少価値高し!田楽とおせちには欠かせない長寿を願う野菜

概要

「鶴の子芋」はサトイモの原種で、「くまもとふるさと伝統野菜」にも認定されている商品である。九州でも高森町のわずかな農家で生産されているだけで、一般の市場には出回らない希少な品種である。名前の由来は芋の形状が鶴の首に似ている事からとされている。高森町の郷土料理の田楽でも味の濃い鶴の子芋は欠かせない食材だ。お正月になると“鶴のごとく長寿するように”という想いが込められているおせち料理として、食べられている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 熊本県阿蘇・黒川(黒川温泉)
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP