くるまえび|鹿児島県

車海老

天然モノを超える!?鹿児島産車エビは、養殖技術が他とは違う!

概要

海面養殖の先駆的な魚種として昭和30年代に養殖が始まった車海老。その生産量は全国上位である。タンパク質が主成分で脂質が少ないのが特徴。清らかな黒潮を引いた「鹿児島アクアファーム」では、自然環境に酷似した施設で良質の車海老を育てている。世界で最も生産性が高く、技術的に高い評価を得ている「鹿児島方式」と呼ばれる養殖方法で、卵から親までの過程をすべて管理する完全養殖を行っており、また独自の配合飼料により、天然ものより味の良い車海老を生産しているのだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 鹿児島県鹿児島市・桜島・霧島出水・川内・串木野志布志・鹿屋・大隅半島指宿・知覧・枕崎屋久島種子島奄美大島・与論島
1月 2月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP