あきたろう<ばしょうかじき>|鹿児島県

秋太郎<ばしょうかじき>

秋の風物詩「秋太郎」締まった身は刺身・照焼・ステーキ何でも◎

概要

秋の風物詩として県民に親しまれている「秋太郎」は、正式にはバショウカジキといって、芭蕉の葉のようにみえる大きな背ビレ、紫がかった濃青色にコバルト色の斑点や、鋭く突き出た口先が、印象的な魚である。生産量は鹿児島県が全国上位。肉は締まりが良く、刺身、照り焼き、ステーキなどどれも旨く、特に脂の乗った大物の刺身は美味。毎年バショウカジキ到来のニュースが報じられると、県民は秋の訪れを実感する。新しいものは身の色がきれいなピンク色。切り身で販売されることが多く、厚みがある方が調理もしやすく味も美味である。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 鹿児島県鹿児島市・桜島・霧島出水・川内・串木野志布志・鹿屋・大隅半島指宿・知覧・枕崎屋久島種子島奄美大島・与論島
8月 9月 10月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP