つきひがい|鹿児島県

月日貝

鹿児島名産、太陽と月になぞらえたロマンチックな二枚貝は美味!

概要

表が太陽、裏が月の色をして、その姿の美しいことから「月日貝(ツキミガイ)」といわれる。多くは日本三大砂丘の一つである吹上浜沿岸で漁獲され、生産量は全国上位。貝柱が大きくて味も優れ、刺身や姿焼きで賞味される特産品である。近年漁獲量は減ってきているが、昔は帆船で操業するほどたくさん採れ「オツキゲはよしゅごわすか」とふれ歩いたといわれる。浅海の砂底にすみ、殻は貝細工の材料に使われる。身は甘味があって美味で、殻付きのものは殻に触った時口を力強く閉じるものが新鮮。むき身は透明感のあるものを選ぶと良い。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 鹿児島県鹿児島市・桜島・霧島出水・川内・串木野志布志・鹿屋・大隅半島指宿・知覧・枕崎屋久島種子島奄美大島・与論島
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP