あさひがに|鹿児島県

朝日蟹

南海の暖流が育てた上品な味!色形あでやかな人気の特産品です

概要

緋色の鮮やかな「朝日蟹」は「カブトガニ」とも呼ばれ、色、形があでやかで上品な味が自慢の特産品である。県外客にも人気が高く、活魚輸送が難しいため、土産向けや旅館用には主に冷凍して供される。「朝日蟹」は、相模湾以南でとれ、カニのなかでも特異な存在だ。前進や横歩きができず、運動はすべて後退だという。南海の暖流が育てる味は上品な甘さを含み、北海道等でとれるカニ類とひと味違う味わい。身も多く、高級品として親しまれている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 鹿児島県鹿児島市・桜島・霧島出水・川内・串木野志布志・鹿屋・大隅半島指宿・知覧・枕崎屋久島種子島奄美大島・与論島
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP