かごしまけんのぴーまん|鹿児島県

鹿児島県のピーマン

南国の太陽をたっぷりと浴びた鹿児島産ピーマンはビタミン豊富!

概要

ピーマンは唐辛子の仲間で原産地は南アメリカ。コロンブスによりヨーロッパに伝わり品種改良され、16世紀にヨーロッパに普及した。日本には江戸時代にポルトガル人によって伝えられたのが始まりといわれている。ピーマンはビタミンCの発見に貢献した野菜でもある。鹿児島県は全国でも有数のピーマンの産地でもあり、10~5月にかけて出荷されている。唐辛子の一種で甘味種を改良したものである。ビタミンCが豊富でカロテン、ビタミンB1、B2も含む。油を使って調理すると独特のにおいも気にならずビタミンAの吸収がよくなる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 鹿児島県鹿児島市・桜島・霧島出水・川内・串木野志布志・鹿屋・大隅半島指宿・知覧・枕崎屋久島種子島奄美大島・与論島
7月 8月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP