かごしまけんのらっきょう|鹿児島県

鹿児島県のらっきょう

ビタミン効果で血液サラサラ!鹿児島産らっきょうは美容健康に◎

概要

らっきょうの原産地は中国で、日本には薬用植物として平安時代に伝わり、江戸時代以降に野菜として栽培されるようになった。鹿児島県では南さつまや薩摩川内を中心に栽培されており、4~6月に出荷される。独特の香味とカリカリとした食感は、食卓の名脇役として親しまれ、たまねぎやにんにんくにも含まれるアリシン(硫化アリル)が多く含まれている。このアリシンはビタミンB1の吸収を助ける効果があり、ビタミンB1を含む豚肉などの食材と合わせると効果的である。酢漬けや塩漬けはもちろん、炒め物やかき揚げなどもオススメだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 鹿児島県鹿児島市・桜島・霧島出水・川内・串木野志布志・鹿屋・大隅半島指宿・知覧・枕崎屋久島種子島奄美大島・与論島
5月 6月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP