もずく|沖縄県

もずく

貴重な天然ものの旬は4?6月。ヘルシーな食材を多彩な料理で

概要

“もずく”は海藻に付着して育つ性質から「藻に付く=藻付く(もずく)」と呼ばれている。日本で食べているもずくのほとんどが養殖で、その約9割が沖縄産。養殖物は“オキナワモズク”と“イトモズク”の2種類。オキナワモズクの方が生産量が多く、イトモズクに比べて、やや太めでコリコリとした食感がある。もずくは食物繊維やミネラル、鉄分が豊富で、さらに18種類のアミノ酸を含むヘルシーな食材。三杯酢で食べられることが多いが、味噌汁やお茶漬け、がんもどきなどに加えてもおいしく食べられる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 沖縄県沖縄那覇・沖縄南部恩納村・沖縄中部名護・沖縄北部久米島・慶良間諸島石垣島西表島・竹富島・小浜島宮古島
4月 5月 6月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP