うみぶどう|沖縄県

海ぶどう

古くより沖縄で珍重される海の恵み キラキラ光る粒が新鮮な証

概要

沖縄名産の海藻である海ぶどうは、海のキャビアとも称される。学名は「クビレズタ」といい、透き通った緑色の粒がプチプチと弾ける食感が楽しい。ミネラルが豊富で低カロリーのため、海の長命草とも呼ばれる。海鮮料理との相性は抜群。刺身のつまとして添えられることも多いが、海ぶどうをメインにした丼もある。そのまま酢や醤油をかけて食べたり、サラダや麺にもあわせる。小さな粒が弾けると海の香りが広がり、独特の風味と歯ざわりにやみつきになる人も多い。県内では海ぶどうアイスという変りダネまで楽しめる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 沖縄県沖縄那覇・沖縄南部恩納村・沖縄中部名護・沖縄北部久米島・慶良間諸島石垣島西表島・竹富島・小浜島宮古島
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP