たんかん|沖縄県

タンカン

ほどよい甘味と酸味が調和した、沖縄の冬の代表果物

概要

沖縄では冬の果物として定着しつつある「タンカン」。1月中旬から2月中旬が一番美味しくなるそう。特に栽培の盛んな沖縄本島北部の本部町伊豆見では、2月ごろになると県内外から、たんかん狩りに訪れる人で賑わいをみせている。タンカンの皮は厚くて多少むきにくいが、中身は粒がしっかりしていて、甘酸っぱい果汁をたっぷり含んだ果肉が詰まっている。ほどよい甘さと酸味が調和されていて、ミカンより少しすっぱい方が好きだという方にお薦めである。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 沖縄県沖縄名護・沖縄北部
1月 2月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP