いしのまきやきそば|宮城県

石巻焼きそば

衝撃!調理前から茶色い、不思議な焼そば

概要

宮城県東部に位置し水産都市として有名な石巻市のご当地グルメは、全国でも唯一、茶色い麺を使った焼きそばである。昭和20年代に考案されたといわれるこの茶色い麺は、焼いてもベタ付かない麺を考案する中で、中力粉を使用した生地を蒸して水で洗い、さらにまた蒸すという「二度蒸し」の工程を行うことで誕生した。二度蒸しされた麺は香ばしくふっくらとし、だしの吸い込みが良く、味わい深い旨みを漂わせるのである。また二度蒸しされる途中で麺に含まれる「かんすい」が変化し、茶色くなると言われている。その作り方は、調理の最後の焼き上げ時に、魚介系のだし汁で蒸すように焼上げ、目玉焼きと紅ショウガをトッピングする。そして食べる時に後がけで、ウスター系ソースをたっぷりとかけるのが、戦後間もない頃から食べられている石巻焼そばなのである。
この全国的にめずらしい茶色い麺で石巻を全国にPRするべく、「石巻茶色い焼きそばアカデミー」が結成。石巻のまちおこしのために日々奮闘している。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 宮城県気仙沼・石巻
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP