ひるぜんやきそば|岡山県

ひるぜん焼そば

味噌ベースの秘伝のタレで焼き上げる、もっちり甘辛な焼そば

概要

鳥取県との県境に位置する岡山県の蒜山地区で昭和30年代から親しまれる地元の味“ひるぜん焼そば”。当時、ジンギスカンや焼肉を自家製のタレで食べるブームが起こり、地元の食堂で味噌をベースにした秘伝のタレで焼きそばを作ったところ大評判を呼んだのが始まり。「秘伝のタレ」と呼ばれる各店で調合される濃厚で甘辛な味噌ダレを使い、親鶏のかしわ肉と蒜山高原で生産される高原キャベツが入る。もっちりとした麺にキャベツの歯ごたえが絶妙な一品だ。
地元では、ひるぜん焼そばを通して、西の軽井沢と称される蒜山高原を全国にPRするまちおこし団体「ひるぜん焼そば好いとん会」も結成する。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 岡山県蒜山・湯原温泉
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP