ひのきないがわつつみのさくら|秋田県

桧木内川堤の桜

北国に春を告げる2kmにおよぶ桜のトンネル

概要

角館町内の桧木内川沿いに2kmにわたって続く、約400本のソメイヨシノの桜並木。
ほど近い武家屋敷のシダレザクラと合わせて「日本さくらの名所100選」にも選定されている角館のシンボルだ。
古城山西南麓から内川橋に至る桧木内川左岸堤防築堤の完成と今生天皇の誕生を祝し、昭和9年に町民によって植樹された。
ゆるやかに蛇行する川に寄り添う桜のトンネルが北国の短い春を告げ、一斉に散る桜吹雪が清流に降り注ぐ様は儚くも美しい。
シーズン中はライトアップも行われ、川面に映える夜桜の情景が見事だ。
角館のソメイヨシノはシダレザクラよりも開花・散り始めともに2日ほど遅い。
うまく日程を合わせて見頃を満喫しよう。

基本情報

ジャンル イベント
地域 秋田県角館・田沢湖
4月 5月
住所 秋田県仙北市角館町
電話番号 0187-43-3352
HP http://www.city.semboku.akita.jp/sightseeing/spot/07_someiyoshino.html
料金 無料
開催期間 4月下旬~5月上旬
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【営業時間】24時間開放
【定休日】期間中はなし

桧木内川堤の桜へのアクセス

・JR角館駅より徒歩15分
・秋田空港より「あきたエアポートライナー」を利用、さくら工房などで下車(所要時間約60分)

PAGE TOP