ひたちあきそば|茨城県

常陸秋そば

寒暖の差が激しい気候と霧が多い地形が育んだ”玄そばの最高峰”

概要

”常陸秋そば”は、旧金砂郷村(現在の常陸太田市)の在来種”金砂郷在来”に品種改良を加えて誕生した品種だ。粒揃いと風味が良く、甘みが感じられることから「玄そばの最高峰」と評されている。常陸太田市の昼夜の気温差が大きい気候と、霧の立ち込める地形、水はけの良い赤土などが、良いそばを育てる。この地域では地粉を使った手打ちそば店も点在している。秋に収穫された新そばは、厳寒期の間に熟成させることで、そば特有の甘みを増しておいしくなるといわれ、熟成させたそばは”寒そば”とも呼ばれ、人気が高い。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 茨城県日立・高萩・奥久慈
11月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP