しみもち|福島県

凍みもち

農家の知恵から生まれた、もちを凍らせて寒風で乾燥させた保存食

概要

凍みもち(しみもち)とは、東北から信越地方にかけた寒冷地に伝わる保存食。水に浸して凍らせたもちを、さらに寒風にさらして乾燥させて作られるもので、氷もち(こおりもち)や凍み氷(しみごおり)とも呼ばれる。貴重な米を無駄にしないために、炊飯には向かないくず米の粉末と、ごぼうなどの野菜の粉と混ぜて作られ、長期間の保存が凍みもちは、冬の間に作り置きされて、春の農作業が忙しい時期に食べられていた。焼いてきな粉や砂糖しょうゆなどをつけて食べるとおいしく楽しめる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 福島県会津・喜多方福島市周辺郡山いわき・相馬南会津白河
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP