ふくしまけんのとちもち|福島県

福島県の栃もち

手間隙かけたあく抜きが、美味しい栃もちを作るコツ!

概要

栗と似た形状の栃の実であるが、そのままではあくが強すぎて食べることができない。その栃の実を時間をかけてあく抜きし、もち米と蒸してからついて、もちにしたものが栃もちである。栃もちは米だけのもちに比べて茶色がかっており、独特の苦味がある。かつて米がほとんどとれなかった山村では、重要な食糧とされていたが、現在では土産物として売られている。砂糖を付けたり、塩茶漬けにするなどの食べ方があるが、おすすめはあんとからめた「あんこもち」や「おしるこ」。小豆の甘さと栃の風味が引き立ち、相性抜群だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 福島県会津・喜多方福島市周辺郡山いわき・相馬南会津白河
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP