あいづそば|福島県

会津そば

祝いごとには欠かせない”ハレの日の振舞料理”。食べ方も多彩

概要

昼夜の温度差が大きいこと、空気の澄んだ山間部であること、適度な日照時間という、そば作りに適した条件を満たしていることから、会津地方では昔からそばが食されてきた。そばは単なる米の代用食ではなく”ハレの日の振舞料理”ともされており、婚礼時には山鳥とごぼうでとった出汁で食べる”祝言そば”や、湧き水に浸して食べる”水そば”、布を裁つ様にそばを切る”裁ちそば”など食べ方も多彩。会津では、行政やJA、そば店や製麺業者などが「会津そばトピア会議」を作り、イベントやPRに努めている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 福島県会津・喜多方
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP