ぼうぜのすがたずし|徳島県

ぼうぜの姿寿司

徳島名産「ぼうぜ」と「すだち」をまるごと味わう

概要

「ぼうぜ」とは、イボダイ(東京ではエボダイ、大阪ではウボゼ、シズなどと呼ぶ地域もある)の事を指す。酢でしめたぼうぜに、すだちを加えた酢飯を詰めて姿寿司とする。酢で柔らかくなっているため、頭までまるごと食べられる。徳島県では夏の終わりがぼうぜの漁期となり、古くから秋の祭りに欠かせない一品だ。現在もよく食されている料理であり、ぼうぜの代わりにアユやアジを用いたものなど、様々な姿寿司が存在する。地元のスーパーでも「ぼうぜの姿寿司」を見かけることがある。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 徳島県鳴門・徳島市周辺大歩危・小歩危・祖谷渓阿南・日和佐
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP