ちばけんのすずめやき|千葉県

千葉県のすずめ焼き

なにゆえ「すずめ焼」?ギョッとする名前だが実は”川魚の佃煮”

概要

千葉県北東部に位置する「水郷佐原」は、利根川が流れ、霞ヶ浦に繋がっている自然豊かな田園地帯。“北総の小江戸”と呼ばれる情緒溢れる街である。その昔、利根川の佐原周辺の流域でとれる小鮒を背開きにして竹串に刺し、タレを付けて焼いたところ、それを見た殿様が「これは雀を焼いたものか?」と言われのが、「すずめ焼き」の始まりと伝えられている。今では丸のまま刺したものも「すずめ焼き」と言うようになり、魚の種類もタナゴ、モロコなど多くなっている。甘くてしょっぱいなかに少しほろ苦さもあって美味である。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 千葉県銚子・佐原
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP