ちらんちゃ|鹿児島県

知覧茶

日本屈指の生産県!南国特有の香味を味わう

概要

鹿児島県の茶業は今からおよそ800年前、金峰町阿多・白川に平家の落人が伝えたという説や、足利時代に吉松町の般若寺に宇治から茶種子を取り寄せ播いたのがはじまりという説、野田町の感應禅寺説などがある。その後は島津藩政時代に奨励されたが、本格的な茶の栽培や生産の奨励は第二次大戦後にはじまり、また今日の茶産地づくりをめざした積極的な茶業振興施策は、昭和40年頃からすすめられた。現在では日本有数の生産県であり、今後の躍進が期待されている。

基本情報

ジャンル お土産
地域 鹿児島県鹿児島市・桜島・霧島出水・川内・串木野志布志・鹿屋・大隅半島指宿・知覧・枕崎屋久島種子島奄美大島・与論島
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP