つがるりょうり|青森県

津軽料理

海鮮に保存食、雪深く海に囲まれた風土が育んだ郷土料理

概要

青森県西部、津軽地方は日本海の漁場に恵まれており、海の食材を使った郷土料理で有名だ。「津軽漬け」は数の子を細切りの昆布やスルメと共に漬けたもので、粘り気があるのが特徴。大根を加えたものもある。正月料理の「じゃっぱ汁」はタラを丸ごと使用(「じゃっぱ」とは青森弁で「残り物」の意味)、普通は捨てられる中骨や内蔵、頭などを赤味噌や酒粕で煮込む。津軽の代表的な山菜。ふきに煮た山菜「ミズ」を生のまま塩漬けにした「ミズの一本漬け」は保存食として好まれている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 青森県下北半島・大間・恐山青森市周辺津軽八戸弘前十和田・奥入瀬白神山地
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP