こあゆのつくだに|滋賀県

小鮎の佃煮

琵琶湖で育った天然鮎を、地方独特の製法で煮た佃煮

概要

鮎というと川というイメージをお持ちだと思うが、ほとんどの清流の鮎は、天然あるいは養殖のものを放流したものなのをご存知だろうか。そして放流している天然もののほとんどが琵琶湖で育ったもので、味が濃いのが特徴だ。鮎は生まれた時期によってそのまま琵琶湖にのこるものと川に上って大きく成長するものとに分かれる。琵琶湖に残ったほうは稚魚ではなく大きくならないだけで、これを小鮎と呼ぶ。醤油にたっぷりの水あめなどを加えた汁で「照り」が出るように煮るのが琵琶湖西域の独特の調理法。ご飯に合うだけでなく、酒の肴にもぴったりだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 滋賀県大津・比叡山長浜・米原彦根・近江八幡信楽・甲賀
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP