ねぎまなべ|東京都

ねぎま鍋

マグロとねぎの相性抜群!江戸の庶民が生んだ人気の鍋料理

概要

”ねぎま(葱鮪)鍋”は、字の如くねぎとマグロを使った鍋料理であり、江戸時代から伝わる庶民の味である。マグロは、江戸時代から一般的に食べられるようになったといわれているが、当時、食用とされたのは赤身だけで、これを醤油漬けで保存し、醤油をはじく脂身(トロ)の部分は、腐るだけの余り物として廃棄されていた。これに工夫を加えて調理し、民間で広まったのがねぎま鍋。醤油、酒、出汁で作った割り下で、ぶつ切りにしたねぎとマグロを入れて煮こむ。ねぎとマグロの双方に香りと旨みが移って美味である。

PAGE TOP