ゆば|栃木県

ゆば

元は僧・修行者の大事なたんぱく源。美味しく食べて健康に。

概要

ゆばは大豆の加工品のひとつで、豆乳を作り、これを煮たとき表面にできる薄い膜を引き上げたものである。山岳宗教の盛んな時代に全国から集まった僧や修験者たちが、魚類に代わるたんぱく食品として重宝し、その後皇室、僧侶、神官の方々の重要な食品として、今に伝わる。同じゆばでも、京都のゆばは仕上がりが平たい、幾重にも巻き上げる日光のゆばはボリュームがあって丸いなど、地域によって特色があり異なる風味が楽しめる。漢字表記も京都は「湯葉」、栃木は「湯波」と違っているのもおもしろい。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 栃木県日光・鬼怒川
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP