きょうとふのちりめんさんしょう|京都府

京都府のちりめん山椒

ご飯のおとも第1位!ピリリと香る山椒と、じゃこの旨みが最高

概要

ちりめん山椒とは、ちりめんじゃこと山椒の実を佃煮にしたおばんざいの一つで、京土産としても人気が高い。京都では魚を生で食する機会が少なく、塩や味噌、しょう油等で佃煮にして保存させる風習があった。一方山椒の実は、山々に囲まれた盆地の京都では多く採れ、京の食卓にはなじみの食材として親しまれており、小魚のちりめんとじゃこと混ぜ合わせ、しょう油や酒で煮上げたのが、ちりめん山椒の始まりと言われている。その味付けは店舗により異なり、市内のお土産店、飲食店など様々な場所で購入することが出来る。

PAGE TOP