すきやき|東京都

すき焼き

牛鍋の名残を残す関東風は、割下で肉と野菜を煮る“鍋料理”

概要

すき焼きの語源は、江戸時代に農夫が農具の鋤(すき)を鉄板代わりにして、肉を焼いて食べたことから、“鋤焼(すきやき)”と呼ばれるようになったといわれている。当時は、肉食が禁止されていたものの、庶民はこのようにこっそり肉を食べていたそうだ。明治時代に入り、肉食が解禁されると、関東では牛鍋が人気となった。その名残が関東風の“すき焼き”で、割下に肉と野菜を入れて煮て食べる“鍋料理”として普及した。ちなみに、関西風の肉を焼いてから割下を入れる“すき焼き”は、鋤で焼いていた時代の名残といわれている。

PAGE TOP