やまおやじ|北海道

山親爺

バター・ミルク・卵をたっぷり使った、高級洋風ミルクせんべい

概要

「千秋庵」の看板銘菓。やさしい味の洋風ミルクせんべいで、スキー板を履いた熊が鮭を背負った姿がレリーフになっている。道産子(道民)が山おやじといえば、北海道に生息する羆(ひぐま)の愛称なのだが、その名をずばり“山親爺”せんべいとして発売したのは、1930年のこと。水を一滴も使わない高級せんべいとして、またたく間に札幌市民の評判になった。バター、ミルク、卵のやさしい風味が口いっぱいに広がる、代表的な土産品だ。

基本情報

ジャンル お土産
地域 北海道稚内・留萌・利尻旭川・富良野・美瑛知床・網走・北見札幌十勝・釧路・根室洞爺湖・登別・日高函館小樽・余市・ニセコ
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP