ぎんざんおんせん|山形県

銀山温泉

概要

銀山川をへだてて三層四層の木造の宿がズラリと建ち並び、川からは湯煙が立ちのぼっている。銀山温泉のお湯は、細かな湯花が混じった乳白色のお湯。湯治場の雰囲気が残っている点では全国でも有数の温泉。「能登屋旅館木戸佐左衛門」や「旅館永沢平八」などと人名を大きく書いた、漆喰(しっくい)の看板も珍しい。温泉街の中央に共同浴場があり、タオル片手の浴衣姿の湯治客たちが川のほとりを往来しているのが、部屋の窓からも見える。温泉街の石畳の歩道沿いに足湯「和楽足湯(わらしゆ)」があり、温泉街をながめながらゆっくり会話を楽しみたい。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 山形県山形市・蔵王・天童
住所 山形県尾花沢市大字銀山新畑
電話番号 【問合せ】TEL:0237-28-3933 ; FAX:0237-28-3933 ; URL:http://www.ginzanonsen.jp
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【宿泊施設軒数】13 / 【宿泊施設総定員】600 / 【利用者数(年間)】35万人

銀山温泉へのアクセス

大石田駅からバスで40分 *銀山温泉行き乗車、終点下車

PAGE TOP