ゆのはなまんじゅう|群馬県

湯の花まんじゅう

温泉まんじゅうは伊香保温泉が発祥です!

概要

伊香保温泉の温泉まんじゅうは「湯の花まんじゅう」と呼ばれ、日本初の温泉まんじゅうとして有名である。その起源は. 明治43年(1910年)、伊香保温泉の勝月堂の半田勝三氏が、温泉の色に似せたまんじゅうを作り「湯の花まんじゅう」として販売したのが始まりとされている。今では伊香保温泉の石段街や道路沿いに多数のお店があり、温泉まんじゅうは伊香保温泉を代表するお土産としてすっかり定着している。特に清芳亭の湯の花まんじゅうは、大島の黒砂糖と本場北海道の小豆の味を活かした優雅な風味で、人気が高い。

基本情報

ジャンル お土産
地域 群馬県渋川・伊香保
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP