らいちょうのさと|長野県

雷鳥の里

特別天然記念物ライチョウをモチーフにしたロングセラー商品

概要

特別天然記念物のライチョウ(雷鳥)を名前に取り入れ作られた銘菓、「雷鳥の里」。雷鳥は長野県・岐阜県・富山県の県鳥として指定されているとともに、長野県大町市では、市立大町山岳博物館が長期間飼育した実績があるなど、縁が深い。飛騨山脈(北アルプス)の高山に生息するこの雷鳥をモチーフにした名物だ。
雷鳥の絵の包み紙に金色のラッピングタイが結ばれ、見た目にも豪華。包みを開けると、欧風のせんべいにクリームをサンドした、和と洋のコラボレーション。香ばしい香りに、さくさくした食感がくせになる。濃厚なクリームながら甘すぎず、舌触りのいい柔らかな味が特徴。お茶うけとして、コーヒーにも緑茶にもぴったりで、ついついもう一つと伸びてしまう手が止まらないおいしさだ。
40年以上にわたるロングセラーの商品で、懐かしさとともに、信州定番のお土産として誰からも愛され、親しまれている。

PAGE TOP