おおてまんぢゅう|岡山県

大手まんぢゅう

伝統の味を誇る酒蒸し饅頭 備前銘菓「大手まんぢゅう」

概要

大手まんぢゅうの歴史は古く、創業が江戸時代の天保8年(1837年)。岡山城の大手門付近にお店があったため、この名前がつけられたという。備前藩主、池田侯から特に寵愛を受け、お茶会の席には必ず伊部焼の茶器とともに愛用されてきた、伝統のあるお菓子である。
昔から伝えられた酒饅頭の基本製法で作られており、甘酒のコクが餡の甘さとほどよく調和し、優しく、風味が豊かなところが特徴。岡山市民を中心に、非常に愛着のあるお菓子で、日常の贈答にもよく使われている。岡山に訪れた際のお土産としても、もちろん好適な品である。

基本情報

ジャンル お土産
地域 岡山県倉敷津山・美作蒜山・湯原温泉岡山市・牛窓・備前
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP