かきのたね|新潟県

柿の種

偶然から生まれた、柿の種の形をしたあられ

概要

当時はすべて手作業で薄くスライスした餅を何枚かに重ね、小判型の金型で切り抜いて作っていた。ある日、その金型をうっかり踏み潰してしまい、元に直らずそのまま使用したら、歪んだ小判型のあられになってしまったのだった。そんなあられを持って商いをしていたところ、ある主人が「こんな歪んだ小判型はない。形は柿の種に似ている」といわれ、そのヒントから大正13年に誕生したのが元祖「柿の種」である。

基本情報

ジャンル お土産
地域 新潟県新潟市周辺佐渡長岡・三条・柏崎上越・妙高越後湯沢・津南・十日町村上・新発田
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP