うばがもち|滋賀県

うばがもち

主人の幼児を誠実に育てた乳母の、逸話と共に伝えられる餅

概要

うばがもちは、漢字では姥が餅と書き、広辞苑ではあんころ餅の一種。滋賀県草津の名物と紹介されている。戦国時代。近江源氏であった佐々木義賢より曾孫を託された乳母が、養育費の捻出のために東海道と中仙道の分岐点である草津の地で餅を売ったところ、周囲の人たちがその乳母の誠実さに感じ入ってその餅を「姥が餅」を言ってもてはやしたというのが名前の由来である。ちなみにこの餅の独特な形は、乳母が幼児に与えた乳房を表現している。

基本情報

ジャンル お土産
地域 滋賀県彦根・近江八幡
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP