うなぎのかばやき|東京都

うなぎのかば焼き

タレが命!先代より後世へ継ぎ足し受け継がれていく芳醇な味わい

概要

「うなぎのかば焼」は、その土地によって調理法が異なる。江戸前では、うなぎを背開きにして蒸した後、竹串をうち、まずは素焼きにする。串を手に持ち、くるくると常に手を動かす感じで手早く。そしてたれにくぐらせて、あとはじっくりと焼く。江戸前のかば焼きのタレは、少し辛め。どの店も秘伝のタレというものを持っており、継ぎ足し継ぎ足しで使っていくことで、奥の深い芳醇な味わいが生まれてくる。店にとってタレは命のようなもの。大切に保存し、使われていく。

PAGE TOP