よしわらでんちゅう|茨城県

吉原殿中

米ときな粉の素朴で優しい味わいが楽しめる伝統の水戸銘菓

概要

吉原殿中(よしわらでんちゅう)は、茨城県水戸市のご当地銘菓として古くから親しまれている和菓子だ。その発祥は江戸時代に遡り、第九代水戸藩主、徳川斉昭が間食を所望した際に、奥女中の吉原が斉昭の食べ残しの飯粒を干して蓄えておいたものを蒸し直し、きな粉をかけて出したところ、普段から節制を説いていた斉昭が喜び、その菓子を”吉原殿中”と名づけた、といわれている。さくっほろっとした口当たりと香ばしいきな粉の控えめな甘さが、懐かしいおいしさだ。

基本情報

ジャンル お土産
地域 茨城県水戸周辺
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP