なんぶせんべい|岩手県

南部せんべい

噛めば噛むほど素材のおいしさが口中いっぱいに広がるおせんべい

概要

今から約600年前、南部地方を訪れた長慶天皇に、地元の武士がソバ粉を練り黒胡麻をまぶしたものを焼いて献上したのが、南部せんべいの始まりだ。たっぷりの黒胡麻をまぶした「胡麻」は、いわば南部せんべいの元祖。また「胡麻」と並んで昔から親しまれている「落花生」は、落花生の香ばしさとほんのりした甘さが特徴。どちらも子供からお年寄りにまで人気の味。素朴な味わいながら、噛めば噛むほど素材のおいしさが口中いっぱいに広がる。

基本情報

ジャンル お土産
地域 岩手県宮古・久慈・岩泉大船渡・釜石盛岡花巻・遠野一関・平泉八幡平北上・江刺
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP