まんほういんながやもん|山形県

万宝院長屋門

概要

元和8年(1622年)に山形を治めていた最上氏改易に伴って、楯山に金山城が築城されていた際の大手門を移築したもので、昭和の大火災にも延焼を免れ、町に残る最古の建造物のひとつとなっている。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 山形県新庄
住所 山形県最上郡金山町‐
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

万宝院長屋門へのアクセス

PAGE TOP