きりのもりだいふく|愛媛県

霧の森大福

30年間農薬を一滴も使用せずに栽培された「新宮わきの茶」の大福

概要

愛媛県四国中央市新宮町の観光スポット「霧の森」内にある菓子工房で製造販売されている和菓子である。中心に生クリーム、そのまわりにこしあん、そしてそれらを抹茶を練り込んだ餅でくるみ、抹茶をまぶす四重構造になっている。クリームとこしあんの甘味、抹茶の苦味のバランスがよい。この大福に使用される抹茶は、収穫前に黒い布を被せて日光を遮る「かぶせ抹茶」という栽培法により苦みを抑えている。また、完全無農薬有機農法で有名な新宮茶を使用するなど、品質にもこだわりを持っていて、1つ1つ丁寧に作られている。その為、大量生産に向かず、それがよく品切れを起こしている最大の理由である。

基本情報

ジャンル お土産
地域 愛媛県新居浜・西条・石鎚山
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP