きんちょうまんじゅう|徳島県

金長まんじゅう

日本で初めて皮にチョコレートを用いたまんじゅう

概要

金長まんじゅうは1937年に、当時小松島市にあったハレルヤ製菓株式会社が製造を始めた饅頭である。日本で初めて皮にチョコレートを用いている。チョコレートを練りこんだ皮に白餡を包んでいるのが特徴である。金長まんじゅうの「金長」は、地元に伝わる民話の阿波狸合戦の狸の名前からとられている。2008年6月より、ハレルヤ製菓株式会社より事業譲渡を受けた株式会社ハレルヤが製造を続けることになった。またハレルヤでは金長まんじゅうの他にも「金長ゴールド」という饅頭も製造している。

基本情報

ジャンル お土産
地域 徳島県鳴門・徳島市周辺大歩危・小歩危・祖谷渓阿南・日和佐
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP