はぶたえもち|福井県

羽二重餅

ほんのりとした甘さに上品な光沢。まさにお菓子の貴婦人。

概要

羽二重餅は、米・砂糖・水飴というたった三つの材料で作る菓子。ほんのりとした甘さが特徴である。名前の由来の「羽二重」とは、平織りの絹織物のことを言い、柔らかな肌触りと上品な光沢が特徴である。福井では明治初期ごろから生産が本格化していったが、一般の人達が上質の羽二重を目にする機会はほとんどなかったそうである。土地の名産品でありながら、手土産として持っていくこともできない様子を、当時の菓子屋さんは見ていたのだろう。羽二重餅が考え出された背景には、「名産品の羽二重を彷彿とさせるような土産物を」という、思いがあった。

基本情報

ジャンル お土産
地域 福井県福井市・永平寺勝山・大野敦賀・小浜・若狭東尋坊・芦原温泉越前・鯖江
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP