みずようかん|福井県

水ようかん

冬の名物 福井の水ようかん。

概要

福井県民に福井のお菓子と聞けば、多くの人がその名を挙げるほど昔から名物として定着しているのが「水ようかん」である。他県の人にはなかなか馴染みがないが、実はこの地方では水ようかんを冬に食べる習慣が根付いている。その理由は材料にあり、ふだん夏に食べる水ようかんは、水飴などいろいろなつなぎが入っていたり、腐らせないため添加物が入れてあることが多いが、それに対し、福井の水ようかんは、黒砂糖と小豆、それに寒天のシンプルそのもの。あまり日持ちしないので、寒い冬に作って食べたということである。

基本情報

ジャンル お土産
地域 福井県福井市・永平寺勝山・大野敦賀・小浜・若狭東尋坊・芦原温泉越前・鯖江
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP