海・川・湖で水遊び 関東近郊 特別なランチ付きプラン

耳寄り!地元クチコミ

  • 黒砂糖使用の福井市の水羊羹よりこしあん使用の若狭のでっちようかんのほうが断然美味しい

    ぐるたび会員 2013.01.27 13:21
    ぐるたび会員
返信コメント
  • でっちようかんに興味があります!!初めて聞いた羊羹の名前なので、水羊羹とどう違うのかを詳しく教えてください!お願いします。

    ぐるたび会員 2013.01.29 10:42
  • 黒砂糖と小豆の分量的なものが違うんですかね??

  • 丁稚ようかんについては諸説ありますが奉公人の多かった近畿中心の言葉のようです。竹の皮で巻いて奉公先からお土産に持ち帰ったとか、おやつに食べたとか小豆と砂糖の量が少ないのですが。代表的な説を。 おやつに羊羹を一切れもらった丁稚が、量を増やそうと羊羹を小鍋に入れて水を加えて煮詰め直し水分の多いゆるい羊羹を作って量を増やしていたとか。    その2、和菓子屋へ奉公に来てまかないようの羊羹を作るように言われましたが、うろ覚えの丁稚どんが分量を間違えたのか、羊羹を煮立てる加減を間違えたのか、とにかくゆるい羊羹が出来上がった。 水ようかんには固めるのに寒天を使いますが使わないのも特徴かも。

  • そんな説があるのですね。食は歴史から学べ!ですね。

    ぐるたび会員 2013.03.04 21:57
  • 時代考証が必要なんですよ、 丁稚さんと言うのは年二回しか休みの無い責任持った仕事は出来ない子供だったんです。 その名を使っているからお客様には出せないものなのですよね。 それとおんなじでたとえば『お疲れさん』と言う言葉がありますが  もし目上の人に使ったらこれほど失礼な言葉は無いんですよ。  大阪の商家の旦那さんがお客様にお疲れ様でしたとねぎらいの言葉だったのです。 それが店の従業員に言うなら様はおかしいとお疲れさんになったんです  だから目上の人にお疲れさんと言ったら私のほうがかなり上ですよなんて意味になってしまうんです。 こんなこといろいろ時代から学びながら遊んでいるんですよ。

  • 水ようかんって食べたことないのでぜひ食べてみたいです。

    ぐるたび会員 2013.04.23 13:44
PAGE TOP